秩父の夜祭2012所作事(舞踊)編

秩父の夜祭の屋台は、国指定重要民俗文化財ですが、屋台の上で行われる歌舞伎や所作事(歌舞伎舞踊)も、国の指定です。

 

6台の屋台のうち、舞台を持つ4台(宮地、上町、中町、本町)に地方(三味線、長唄)と立ち方(踊る人)が乗り、秩父神社や主要な辻などに屋台を止めて「曳き踊り」と呼ぶ所作事を奉納します。

 

各屋台には、立派な緞帳が付いていて、その上げ下げによって所作の始めと終わりを表します。

また、緞帳が上がる前には、屋台ばやし連中(屋台の内部に沢山乗っていますが外からは見えません)が、所作太鼓を打ち込み、踊りの雰囲気を盛り上げます。

 

所作事が終わると踊り手は舞台正面に座り、次のポイントまで屋台が曳かれて行きます。

三番叟

宮地屋台に毎年必ず出る演目です。

末広狩

能狂言から題材を得た大名と太郎冠者の踊りですが、大名を女大名に仕立て直しています。

羽根の禿(かむろ)

思い出作りのお手伝いと題してブログに書いたあの禿です。愛らしいですね。

汐汲

屋台の常連さんで、3才頃からのお付き合いですが、大きくなられました。

残念ながら、藤娘と舞妓の踊っている写真を写せませんでした。

 

次回は、秩父神社の様子を載せたいと思います。

 

つづく